Randのブログ

NHKウォッチャー・朝ドラ部・コンビニウォッチャー・モヤモヤする疑問・東西比較・ことばおじさん

【お笑いビッグ4】

f:id:hi_yamasan:20171012060424j:plain

 

以前、大正製薬はユンケルに対抗すべく栄養ドリンク【サモン】を販売していた。

ところが、CMに起用されていたビートたけしが 当時(1989年頃)『オレたちひょうきん族』においてズル休みの常連だったのである。
それに業を煮やした明石家さんまが(帯番組をやっているタモリと比較して)「サモンよりユンケルの方が効くんやなぁ(^o^)」と言ってしまった。
.
こういったことが【サモン】のイメージダウンにつながってしまったと自分は考えているのだが…。
それでも大正製薬は、ビートたけしをCMに起用し続けた。
売れっ子であるたけしの人気に賭けたのだと思う。
しかし、一向に売上は伸びなかった。
ビートたけしとのCM契約が切れたのを機に、大正製薬はサモンの販売を断念してしまったのである。
あらたな戦略として、元気一杯のイメージにピッタリだった所ジョージをCMに起用。1993年、新栄養ドリンク【ゼナ】を販売開始した…。
.
『お笑いビッグ3』という言葉が生まれて久しい。(※ビッグ3=タモリ・たけし・さんま)
.
自分が思うに、本当はビッグ4なのではないか?と。実際、島田紳助が引退するまでは(所ジョージ島田紳助を含めて)ビッグ5と呼ばれていた時代もあったのだ。
.
自分的にお笑い界の歴史をひも解いていくと、こういう結論が出てきた。
所ジョージさんは、元気イメージから安定感イメージにシフトしてきている。彼が売れっ子であり続ける所以は そこであろう。
その所ジョージさんにとって、快進撃のきっかけになったのが『日本の元気!』と銘打ったゼナのCMではないか?と自分は睨んでいるφ(..)。
今後 明石家さんまさんが、どんなに元気いっぱいのイメージで居続けても、リポビタンDのCMから出演オファーが来ることはないだろう。
.
#大正製薬 #ゼナ #所ジョージ #サモン #ビートたけし #ユンケル #タモリ #明石家さんま #舌禍事件