Randのブログ

NHKウォッチャー・朝ドラ部・コンビニウォッチャー・モヤモヤする疑問・東西比較・ことばおじさん

【書籍50ページ理論とパチンコの出玉】

f:id:hi_yamasan:20160621091352p:plain


(世間的評価が高く)面白いとされているのに、どこまで読んでもつまらないと感じる本がある。ただ単に自分に合わなかっただけなんだろうか?
.
そのような本。以前は「せっかく買ったんだから辛抱して最後まで読もう!」と思っていたが、最近ではそうでもなくなってきた。
本を読む時間がとれなかったり、図書館やブックオフを利用するようになって新刊本を購入する機会が減ってきたからだ。
.
昔読んだ#野田秀樹 さんのエッセイに、こんなことが書いてあった。
ケン・グリムウッドの傑作小説『#リプレイ』を例に挙げて、「面白い小説とパチンコは似ている」と述べている。
その理由として、「どちらも ある程度まで突っ込んで出ないようなら退散するのが正解!」ということらしい。そしてその目安が本なら50ページで、パチンコなら5,000円になるんだとか。
『自分の肌に合う本』というのは、50ページまで読み進んでみると必ず「出そう出そう!」な感じに襲われる。そんな本は、野田さんの経験上では高確率で『当たり本』だったらしい。
.
自分も実践してみた。積ん読が増えたけど、割り切って良かったと思う。「50ページ読んで自分にとって何の引っ掛かりも無いような本は、やっぱり縁が無かったのだ」と思えるようになってきた。
日常生活の無駄を省けば読書時間はもっと取れるのかもしれないが、観たいドラマや映画が沢山あったりする場合 これも有効な手段ではないかと思っている。
.
...ここで投稿を終えようと思ったのですが。なんでも#インスパイア な私、それでは収まりません。自分なりに、この理論を「レンタルDVDにも応用出来ないかな?」と考えてしまいました。
文庫本が平均300ページとして、50ページなら全体の1/6。2時間映画に換算すると、つかみの20分!ちょっと早すぎるかな??.
まぁ、でもこれくらいバッサリやらないと全部観れないので…。
結果的には書籍ほど高確率ではないが、結構当たっているような気がする。(※ただ最近は作り手もそこは意識しており、導入部分に中サビを放り込んでくるから注意)
.
最後まで読んだけど何にも出なかったですか?.
残念ながら、この投稿は.
...
『ハズレ』のようですねm(__)m。
ご清聴ありがとうございました。
又のお越しをお待ちしております。


#閉店ガラガラ #岡田圭右 #投稿は書き出しの5行が大事

広告を非表示にする