Randのブログ

NHKウォッチャー・朝ドラ部・コンビニウォッチャー・モヤモヤする疑問・東西比較・ことばおじさん

【都市部と郊外の境界線】

f:id:hi_yamasan:20160618102819p:plain

 

都市部と郊外の境界線を引くために『日経新聞指標』というものを自分は提案してみたい。
#日本経済新聞
全国新聞紙としては業界四位。
巨大メディアグループと言われる(フジサンケイグループ発行の)産経新聞よりも発行部数が多く、業界第三位の毎日新聞に迫る勢いの日本経済新聞
日経新聞と同グループのテレビ東京も「振り向けばテレ東」と言われるくらいTV業界で躍進している。
このように都市部ではハッキリとした勢いを感じる日経新聞グループなのだが、地方都市や郊外に行くとその様相はガラリと変わってしまう。

日経新聞の専売所がある街か、そうでない町か?
結構その差は大きい。
自分の住む兵庫県では。
神戸市には当たり前にある日経新聞専売所が、その他の郊外都市には ほぼ無い。
たぶん、他府県でもそうだろう。
日経新聞を宅配しているのは、政令指定都市と呼ばれる大都市圏等を除けば、ほとんど他紙(※毎日や朝日)による委託専売所なのだ。

日経新聞の専売所がある街であれば、(その県に於いて)主要都市と考えられるだろう。
残念ながら自分の住む町はそうではない。
あなたの住む町には日経新聞の専売所がありますか?

※地域によって地方紙の力が強い場合もあるので、
この法則 全ての都道府県に当てはまるわけではないですm(__)m。
参考までに、関西だと京都府滋賀県では京都新聞兵庫県では神戸新聞がシェア1位だったりします。

広告を非表示にする