Randのブログ

NHKウォッチャー・朝ドラ部・コンビニウォッチャー・モヤモヤする疑問・東西比較・ことばおじさん

【playback】

f:id:hi_yamasan:20160624102013j:plain


レコーダーのボタンから『巻き戻し』という言葉が消えて久しいそうです。
ただ、「TVのチャンネルを回して」と言ってしまう人も(ウチの奥さんを含め)まだまだ沢山いるので😊、
『巻き戻し』という言葉自体はスグには無くならないでしょう😌。
.
英語だとRewind。
この表記は、ビデオテープからDVDやブルーレイディスクの時代になった現在でも変更されていません。
.
日本語に訳す際 こうなってしまったのは、
カメラのフィルムを『巻き』戻す
カセットテープやビデオテープを『巻き』戻す
と言った方が「実物をイメージしやすいだろう」と翻訳者が考えたからではないだろうか?
もしそうだとしたら...
この翻訳者さんには先見性は無かったかもしれないけど、「親切な訳だなぁ」と個人的には思います。
.
生まれた時からフィルムのカメラが無かった世代もいるので、フィルムカメラについて少し説明を。
昔のカメラの記憶媒体は、メモリーカードではなくフィルムでした。
写し終わったら、テープ状になって送り出されたフィルムを(元のフィルム)カートリッジに巻き戻してやらねばなりませんでした。
「長い状態では持ち運びしにくいから」というのが理由です。
※現像後のフィルム(ネガ)は6枚単位でカットされて手元に返ってきます。
それ以外にも、フィルムそのものが光に弱いのでカートリッジに収めて遮光するという意味もありました。
.
写真屋さんで現像してもらい、待たされた後ようやく写ったものを目にすることが出来たのです。
苦労しましたよ。最短40分程度~最長1日ぐらい待たされましたね😫。
フィルムには24枚とか36枚とか種類があって、1本(のフィルム)には たったこれだけの枚数しか撮影出来ませんでした。
撮り終われば新しいフィルムに交換します。だから、旅行に出かける際は数本のフィルムを持って行ったものです。
思い出はたくさん残したいですからね😊。
デジカメと違って、その場で撮影されたものを確認出来ません。
そう。失敗は許されないのです❕
気軽に写メするのと違って、昔は緊張感を持って撮影したものです。
あれ?なんか老人の説教になってしまいましたね😓
.
話を巻き戻します。
レコーダーのボタンには
『早送り』という定着した表現があり、それに対して『早戻し』という新しい表現が加わりました。
この過程で、レコーダーを製造する各社の動きを観てみましょう。
『早戻し』という表記。
ある時点から一気に普及しました。
.
最初は各社とも他社の様子伺いをしていました。
Panasonicは『サーチ』という表記で切り抜けようとしました。
悪くない表現なのですが、一般的に「search=探す」のイメージが定着しております。
厳密に言えば(CM等の切れ目を)探しているわけですが、
「(ちょっと)飛ばす」・「(ちょっと)戻す」という行為自体には、どうもピッタリの表現ではない。
そこで!
目の付けどころが#シャープ さんは、『早戻し』という表記を考え出したのでした。
いやまぁ#灯台下暗し 😄。
やっぱ早川さん、やるね!
『巻き戻し』の代替語を試行錯誤していた各社でしたが、2002年~2003年辺りから各社とも「もうめんどくさいなぁ、それでいいじゃん!!」って、なったようです。SONY東芝がシャープ案に乗っかったのがキッカケみたいです。
.
Pic左下は我が家のテレビリモコン(2006年製)。
※このパカパカ式の蓋(Panasonicの旧式)は壊れやすい(割れやすい)ので、現在製造されていませんね😢。
.
2020年東京五輪開催前には、大規模なTV買い替え需要が起こります。
それまで頑張れ!我が家のテレビ。
.
#4K8K映像と言われても眼がついて行かない現在の私
#でもその頃には現行のハイビジョン画像を荒いなぁと言ってるかもしれない
#便利な生活に一度でも慣れてしまえばもう昔には戻れない
#文明が発達するにつれ被災した時にはダメージが大きくなるのかもしれない

広告を非表示にする