読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Randのブログ

NHKウォッチャー・朝ドラ部・コンビニウォッチャー・モヤモヤする疑問・東西比較・ことばおじさん

【寄る年波には勝てぬ…】老眼デビューしました

f:id:hi_yamasan:20160626233422j:plain

 

40代後半の自分。悩みは数々あれど、直近でなんとかしなければならないのは「近くが見えない」こと。

俗説なのかな?『近視の人は老眼になりにくい』って話は。
自分のメガネ歴は長い、もう30年以上だ。
最近ほとほと困っている。
スマホの文字が読めん!新聞の文字も読みにくいっ!!.
老け込むみたいなのがイヤで、老眼鏡は頑なに拒否してきた。でも、もうダメ!ホントにダメ!! ガマンできない。
4.7インチのスマホを5.5インチぐらいの機種に変更しようかな(・_・;?
.
「おいおい!ちょっと待て!!それは本末転倒だろ?」
.
わかりました。老いを受け入れます!素直に受け入れます。


…というわけで、遠近両用メガネを買いに行きました。
事前にネットで情報集めです(^_^)b。
価格帯として、格安メガネ量販店(JINSとかZoff)と中級価格帯の店(眼鏡市場とかメガネ本舗)を比較。
格安店は、10,000円~15,000円程度。中級クラス店だと、20,000円~30,000円程度するようだ。
あ、ゴメンナサイ。関西には『メガネドラッグ』は無いんですm(__)m。
.
「ネットでの評判は?」.
格安店への大多数の意見は、「最悪!」「お金をドブに捨てたようなもんだ!」「やっぱり、最低でも眼鏡市場にしときゃよかったなぁ」でした。
「そうかそうか、『安かろう悪かろう』とは よく言ったもんだ」
( ´・_ゝ・
.
しかしながら、毛色の違う意見もチラホラあって...。
「遠近両用メガネは、とにかく慣れが大事!」「(完璧に)眼の状態に合わせるとなると、20,000円~30,000円程度出したとしても満足できないもんだよ」って話もあるみたい。
.
自分は『JINS』を過去に三度利用している。ちょっと残念な商品もあったけど、そこそこ使えてました。
ただ、遠近両用でも その理屈が当てはまるのか?正直わからない。
近隣のJINSへ向かう。処分価格のフレームなら遠近両用レンズを入れても1万円でした。
ただし、『遠近両用レンズは基本的に店頭在庫しておらず、仕上がるのに一週間もかかる』とのこと。
「やっぱり、眼鏡市場か?」とも思ったのですが、「価格を比較したら半額だもんなぁ...」。
貧乏性の自分です。「目を慣らそう!」で押し切ってやりました( Д)凸。
「安物買いの銭失い?」.
そう、自分はそういう人間なのだ。
.
待ったなぁ一週間、長かったよ...。仕上がり指定日、店に足を運びました。
かけ心地は、まぁまぁ。さて、見え具合はどうかな?.
やっぱり、少し遠くが見えにくくなってる感じ。(※これは眼の負担を減らすために、店員さんの意見を聞いて近視の度数を落としたことによる)。
顔を微妙に上下させないとピントが合わないため、結構ジャマくさい作業も増えた。
ただ、近くがメッチャ見える!!スゲーな!!!
まぁ当たり前やけどヾ(^o^;)。
.
使用開始から2日。スグ慣れた!!.
やっぱ、慣れですよ遠近両用メガネは!(※あくまで自分比です、ご容赦ください)
.
価格の違いについて、少し詳しく説明。
格安店のレンズは累進焦点タイプしか選べない。このレンズは上半分全体が遠距離用になっていて、下半分の中央付近は下にずれるほど近距離に焦点が合うようになっている。遠距離用〜近距離用の間に境界が有りません。
これに対して、眼鏡市場クラスの店は二重焦点(遠距離用と近距離用に明確な境界がある)タイプのレンズも選べる。
ただ、価格が2倍近くに跳ね上がってしまうのが難点。
こちらの方が累進焦点レンズよりも さらに眼が疲れにくいらしい…。
両方のレンズを掛け比べたわけではないのですが、自分的には格安レンズで十分でした!(^^)!.
以上、ご参考になりましたら幸いです。
.
『♪メガネ~は~か〜おの一部~です』の後フレーズって、なんですか?.
関西Ver.だと『♪そごう めが〜ねサ~ロン!』。
各地方ごとに違ったVer.があるんだろうか?
(^。^;)
.
#老い #遠近両用 #JINS #東京めがね #東西比較 #CMソング