読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Randのブログ

NHKウォッチャー・朝ドラ部・コンビニウォッチャー・モヤモヤする疑問・東西比較・ことばおじさん

【デブと呼ばないで】

エースコック 東西比較 デブと呼ばないで
 
大柄、恰幅の良い体型、ふっくら。
婉曲の仕方に違いはあれど。
おデブさんに配慮した表現が多数存在する日本語って、奥深いと思います😊
.
『デブ』は人間。まだ救いようがありますね。
しかし、関西人はストレート。
それらを総称して、ひと言『ブタ』と言います。
※この場合の『ブタ』は「この!豚野郎‼」のブタではありません。ですから、「このクズ!目の前から失せろ!!」という意味は含まれていません(._.)φ。安心して下さい。
.
中学生の時、カサオカくんという友人がいました。彼は気さくでイイ奴、みんなの人気者です。
その彼ですが、丸々と太った体型なのです。
子どもというのは時に残酷ですね。
みんなは彼にあだ名を付けました、『かさぶた』と。
ヒドい話でしょ?
でも、哀しいかな関西人。「イジられてナンボ!」なところがありまして、
笑顔で「しばくぞ!」と応じていました。
微笑ましいですね、今だと確実にいじめ問題に発展しています😓。
メンタルが強かったんです、彼は。
ただ彼のスゴいところはそこではなく、体型からは想像できないほどの繊細な感覚を持っていたことなのです。
.
彼とは同じ高校に進みました。
そして大学受験の年を迎え、それぞれの志望校を決めるときが来ました。
彼は料理界の東大 辻調理師専門学校に進学すると言っていました。
在学中は、部活帰りに よく一緒に食事しました。
その際、「コイツの舌はほんまもんや!」と思わせるぐらい美味い物への嗅覚が鋭かったのです。
そんな彼、今では立派な料理人。
大阪の一流ホテルで副料理長として働いています。
このお店、グルメ本にもしょっちゅう掲載されるような名店なのです。
.
先日 高校の同窓会があり、久しぶりに彼と再会しました。
努力家な彼です。
研究のために日々美味しい物を食べているのでしょう、さらに丸々と太っていました😚。
旧友たちは親しみを込めてこう呼びました。
「よっ!エースコック!!」
すると彼は学生時代と全く変わらない笑顔で、
しばきますよ!」と応えてくれました。
人を指導する立場になって、若干丁寧な物腰になった彼。
それを見て、年月の流れをしみじみと感じたのでございます。私も成長しなきゃ!
.
#ブタブタ子ブタおなかがすいた #エースコック の#ワンタンメン #ソウルフード #東西比較 
201512151900
広告を非表示にする