Randのブログ

NHKウォッチャー・朝ドラ部・コンビニウォッチャー・モヤモヤする疑問・東西比較・ことばおじさん

【甲殻類アレルギー】

カネテツデリカフーズ製『ほぼ○○シリーズ』の開発意図について考える。
.
『ほぼカニ』、『ほぼホタテ』という商品がある。
カニもホタテも、本物は高価だ。
なので、安価に雰囲気を味わいたい方には有り難い商品である。
『ほぼカニ』にはカニエキス。『ほぼホタテ』にはホタテエキスが入っており、それっぽい味がする。非常に良くデキた商品だ。
.
さてご覧いただきたいのが、『ほぼエビフライ』という新商品。

 

https://c1.staticflickr.com/9/8414/29767068740_ab71ba3990_b.jpg

 

「もちろんエビも本物は高価だから?」

.
と思ってしまうが、実はそういう商品開発事情ではないのだ。
.
甲殻類アレルギーという言葉。
ご存知の方もいらっしゃると思います。
海老・蟹類が全く食べられない。
食べると皮膚に炎症を起こしたり、ひどい場合は血圧の急激な低下や意識消失などのショック症状が出ることもあるそうだ。
有名人を例に挙げると、お笑い芸人・ブラックマヨネーズ吉田敬さんが重度の甲殻類アレルギーで、彼は海老・蟹類を全く食べられないのである。
※たぶん、吉田さんは『ほぼカニ』も食べられないと思う。
まれに ホタテアレルギーの方もいて、その人も『ほぼホタテ』は食べない方がいいかもしれない。
.
『ほぼエビフライ』に話を戻そう。
上記の商品と違って、これにはエビ由来の成分が入っていない。
つまり、甲殻類アレルギー対策商品だったのだ!!!
.
※まあ考えてみると、そもそも○○アレルギーの人は ○○の模造品さえも嫌いで食べないかもしれない。
しかし、ニッチな要望にも応えるのが カネテツデリカフーズ。侮れない企業である。

広告を非表示にする