Randのブログ

NHKウォッチャー・朝ドラ部・コンビニウォッチャー・モヤモヤする疑問・東西比較・ことばおじさん

【女優魂】

【女優魂】

 

『小説 土佐堀川』の舞台化が決定。
NHK連続テレビ小説『あさが来た』の原案にもなったこの作品。
今回、高畑淳子さんが主演を務めます。
奇しくもNHKにおいて
『まれ』(高畑裕太出演)の次に放送された作品が『あさが来た』だったわけですが...
こういう流れに、何か運命的なものを感じますよね🤔。

古川智映子さんがこの小説を世に送り出したのは1989年。
今から28年前ですか、結構昔の作品だったんですね😲

実はこの作品、今回が初舞台化ではありません。
出版当時 既に話題になっていたようで、1年も経たないうちに舞台化されていました。
主な配役は以下の通り

土佐堀川』舞台・平成2年
広岡浅子/八千草薫
小藤(※信五郎のお妾さん)/大空眞弓
成瀬仁蔵(日本女子大学校初代校長)/小野寺昭
広岡信五郎(浅子の夫)/伊東四朗
大隈綾子(大隈重信夫人)/月丘夢路

時代を感じますね😊
先日鬼籍に入られた月丘夢路さんを始め、現在御存命でない俳優さんとして
早乙女愛さん・菅原謙次さんも
この舞台には出演されていました。

『小説 土佐堀川』では
広岡浅子の女傑ぶりがクローズアップされており、『あさが来た』で波瑠さんが演じた"可憐な乙女"的部分は皆無でした。
ですが、これはこれで(ドラマとは味わいが違ってて)良かったです。一読の価値ありだと思います😊。
やはり原作が素晴らしかったからこそ、朝ドラも傑作に仕上がったのだと自分は感じました。
※舞台化について、個人的に以下のようなイメージを抱いてしまいました。
前回舞台化された際は、
八千草薫さん=(いくつになっても)可憐な乙女🍀。
そして今回は、
高畑淳子さん=女傑🔥。
いやまぁ どっちの舞台も観てないんですけど、なんとなくそう思いました💦

さて今回の配役で注目されるのは?
もちろん!白岡新次郎(広岡信五郎)ですね😲
伊東四朗玉木宏→?

詳細が発表されていない段階ですが、ポスターから推測するに...
田山涼成さんか赤井英和さんでしょうね🤔
小松政夫さんは、成瀬校長 又は先代(近藤正臣さんのポジション)ではないかと。
三倉茉奈さんは、浅子の娘役で間違いないと思います。

元々は藤山直美さんが傷心の高畑淳子さんに声をかけ、W主演が決定していた舞台。
病気療養で藤山直美さんが舞台を降板。
今回演目を変更して、高畑淳子さんが主演することになりました。

広告を非表示にする