Randのブログ

NHKウォッチャー・朝ドラ部・コンビニウォッチャー・モヤモヤする疑問・東西比較・ことばおじさん

眠れぬ夜とフルーツフライ

f:id:hi_yamasan:20171106052824p:plain


今年日本人が受賞を逃したノーベル医学生理学賞のお話。
なかなか面白い内容なので、自分なりに理解した範囲で紹介させていただきます🙇
ザクッと言うとこんな感じ。
.
【生物は光が遮断された暗闇の中で暮らすと、25時間周期で活動するようにできている】
ご存じでしたか?😊
体温や血圧が上下する周期を測定すると、そのようになっているそうですよ。
.
25時間?🤔
ちょっと待って✋
その"一時間のズレ"は何?
一日24時間の周期は、
大宇宙の法則的に鉄板なのでは?
私と同じようにそう#重いコンダラ な方、他にもいらっしゃいませんか?😊
実はこういうことらしいです。
.
生物は太陽の光を浴びることで、その余分な一時間のズレを修正するそうです。
これにより"一日24時間の生活サイクル"を保つようにできているのです。
多くの生物学者が
この現象には特定の遺伝子の働きが絡んでいると考えております。
今年のノーベル医学生理学賞を受賞した3人。
彼らは、その遺伝子を突きとめ
"時間遺伝子"と名付けました。
.
この時間遺伝子に
なんらかの異常又は欠落があると、生物は一日24時間サイクルで生活することができないそうです。
ただこのこと自体は
ずっと以前から発見されていました。
しかし、その遺伝子を特定、
仕組みを
"初めて"
解明したのが彼らなのです。
仕組みを解明するために研究対象となったのは、ある種のハエでした。
.
果物バエという昆虫がいるそうです。
ウ○コにたかる方のハエではなくて、果物等にたかる(清潔な)ハエです。←まぁ清潔という解釈はもちろん人間目線ですけどね😅。
.
ある日、この果物バエの中に
時間感覚の狂ったグループの存在が発見されました。
そこで
「これは研究に値するじゃろ!」
と考えた学術アカデミー(※たぶんそんな感じの機関)。
その時間感覚の狂った果物バエのサンプルを、世界中の研究所に配付したのです。(※以下のようなお達しを添付して)

『この果物バエの遺伝子を詳しく調べてちょうだい。
そして、特定の遺伝子(※時間感覚を司る遺伝子)を見つけ出してください🙏』
.
よーいドン!
世界中の生物学者たちが一斉に研究を開始しました。
※この果物バエは世界中の研究所にバラまかれたので、もちろん日本人の研究者にも届いていたと思われます。
.
その勝負がつきました。
時間遺伝子とそのメカニズムを
"最初に"
発見したのが、今回ノーベル医学生理学賞を受賞した3人の研究者だったわけです。
.
今後この研究結果から
重度の睡眠障害の治療や体内リズムの調整に必要なお薬なんかも開発されるかもしれませんね😊
自分はお仕事で夜勤があったりするんですが、こういう夢のクスリができたらなぁと密かに期待しております。
.
睡眠と密接に結びついていると言われているホルモン(#メラトニン)は、アメリカではサプリメントとして販売されています。欧州でも処方箋が必要ですが、手に入れることはできます。
劇的に効く人と眉唾的な効果しかないと考える人がいるみたいです。
でもまぁ今回ノーベル賞を受賞したタンパク質(遺伝子レベル)の理論だったら、なんかメッチャ効きそうな気がしませんか?😊
早く実用化されてほしいわぁ😆

 

ホント、眠れぬ夜にはいろんなことを考えてしまうもんだねぇ。

みんなもこうやってネットの大海原にいろんなものを流してみてよ。

なんかスッキリするのでオススメやで😉

人間て面白い生き物だわな。

あーやっぱ眠れんわぁ、ではここらへんでバイバイ👋

.
#眠れぬ
#ノーベル医学生理学賞
#フルーツフライ
#最初にやったっていうのが評価されるからカズオイシグロには獲れて春樹には獲れないわけですね
#春樹さんの本はほとんど読んでない私だけどふとそう思いました