Randのブログ

(NHK・NHK女子アナ・コンビニ)ウォッチャー・朝ドラ部・モヤモヤする疑問・ことばおじさん

善意の枯渇

anond.hatelabo.jp

”未だにぐぐることすら出来ない人って結構いるじゃない。

まぁそういう人は「ぐぐれる人に聞こう」ってなるじゃない。

そこそこ的を得検索結果をまんべんなく出してたら、「あいつに聞けばいいや」ってなるじゃない。

その結果、いつもメールとか電話が着信しっぱなしになるじゃない。

ちょっとデザインかじってたりweb作れたりすると、「簡単でいいから作ってよ」って人が寄ってくるじゃない。

「今時web作るのってタダでできることばっかりなんだから、全部無料で作ってよ。メシおごるから」とか言うじゃない。

結婚式のウエルカムボード作って〜」「そういうの得意なんだよね?」とか言うじゃない。

もちろんめでたいことだからタダでって圧力かけるじゃない。

さらにPC自分の興味範囲で自作してたり、不具合対応に慣れたりしてると、

「なんもしてないのに壊れたからなおして」っていう人が出てくるじゃない。

1日かけて普通に動くレベルまで調整して返したら「ありがとー、ごはんおごるわ」とか言うじゃない。

そういうのがエスカレートして、

ニコニコから音楽落とすのどうやんの?」

「タダでpspソフト落としたいんだけど」

漫画全巻落ちてるサイト知ってる?」

とか言ってくるじゃない。

知らないって言ったら「調べて」って言うじゃない。ヘラヘラしながら。

試しに「それしたらなんかくれんの」って聞いたら「なんかおごる」とか言うじゃない。

なんで「なんかおごるから万引きの仕方教えてー」と言えるのかと考えたはじめたら悲しくなった。

次々と他愛もなく浴びせられる要求に、善意が枯渇していくのを感じた。



氾濫している情報から適切な情報を届けることに対して「タダでできそうラッキー」とか「安く買いたたける」としか考えていない人が、大勢いたんです。

感謝言葉と「なんかおごる」程度の謝礼で、私に「都合のいい秘書になれ」「万引きをしろ」と簡単に言う人が、大勢いたんです。

これは5年前の話ですが、それ以来PCを介した情報を誰かに気軽に届けることに対し、身構えて知らない振りをすることが多くなりました。

2012年現在どうなの?

私は未だに「ぐぐれない」人がたくさんいて、少しでも「なんかおごったらやってくれそうな人」を見つけたらそういう人達ダッシュで突っ込んでくるような気がしてならない。”

 

う~~ん、なるほど

コレ、難しいよね
なんでか?っていうと、この訊かれる側(頼られる側)が
自分自身は情報強者…と思い込んでるフシがあるわけ
だから、油断しちゃうの。そのスキを突かれちゃうの。
ホントのプロならそうならない…ように思うm(__)m

”氾濫している情報から適切な情報を届けることに対して「タダでできそうラッキー」とか「安く買いたたける」としか考えていない人”

↑ かつて自分がそのポジションにいた人が、
『そんなに難しくないですよ!じゃあ、やってあげましょう(; ・`д・´)』
…ってなりがちなんですよね。

今はそんなこと無いけど、以前 自分は
『安くて性能の良いノートPCが欲しい!オススメの機種は?』

みたいな相談を受けることがあった←この後、間違いなく無料サポセンに任命されるのが世の常ね(^^;)

自分はちゃんとした解決方法を見つけられなかったけど、
単純に基準を一つ決めることが大事だと思う。

予算なのか?性能なのか?

こういった基準が決まることで、ようやく
その性能ならこの値段 とか
その値段ならここまでの性能 とか
みたいなことがハッキリする

そうして、やっと価格交渉なんだ。

ただやみくもに
『安くて性能の良いノートPCが欲しい!オススメの機種は?』
って言ってくる人には、何か一つ基準を設けてあげると
路頭に迷わなくて済むと思う